FANDOM


The Beast
The beast
Nombre The Beast
Artista Hatsune Miku
Tiempo de duración 2:50
Video
Subtitulado por Watevs000
Hatsune Miku- The Beast (English sub)02:56

Hatsune Miku- The Beast (English sub)

The Beast es una canción original de Vocaloid

LetraEditar

KanjiEditar

ひと が つむぎ あげた かけら たち を まど の そと から ながめ つずけた どあ を つくる こと も できなかTた それ は おさない ぼく の ぷらいど "かくしごと を してました きずつく の が いや でした" やTと きずいた ぼく だけ の おしろ は あまりに くうきょ で みちていました ある ひ あらわれた あなた は ぼく が のぞむ すべて を もTてた ぼく が つみあげた れんが を たやすく とびこえ さわTて きづいた "かなしい くらい つめたいね ずTと さびしかTたん だ ね" おびえて はなれて かざTて はかTて あさTて みだれTて けなしTて にげだした! ひと が つむぎ あげた かけら たち が おりかさなる の を うらやんでいた こどく に つくりあげた ぼく の しろ どあ を とざした ぼく の ぷらいど "かくしごと を してました うしなう の が いや でした" やTと あらわれた おしろ の じゅうにん はじめて の あい に とまどいました "どうじょう なんか は よして よ おまえ に わかTて たまる か よ" にぎTて かじTて こぼしTて あばれTて それでも あなた は ひろTて つかんでた! いきかう ぐんしゅう の あい を みつめ いちばん たいせつ を さけ つずけた こどく に なれしたしんだ この み が ひだまり で とける の を ゆるさない "かくしごと を してました それ が あい と しTていました" そTと きえて いTた しろ の じゅうにん おそれた かんじょう が こみあげました "かくしごと を してました とわ の あい を のぞみ ました" あたえられた の は えいえん だけ はじめて ひと の ため に ほえました "とびら を ひらいTて すがTて にぎTて わらTて つみで あいせば よかTた なあ 。 。 。" あたえられた ぬくもり の かげ が ぼく の こどく の しろ を ゆるさない じぶん で かせ を はめた この からだ とわ に ぼく の おわり を ゆるさない いきかう ぐんしゅう に あい を まいて とわ に なみだ を つむぎ つずけて また あなた に あえる その ひ まで なん ぜんねん さき も まち つずけるヒト ガ ツムギ アゲタ カケラ タチ ヲ マド ノ ソト カラ ナガメ ツズケタ ドア ヲ ツクル コト モ デキナカTタ ソレ ハ オサナイ ボク ノ プライド "カクシゴト ヲ シテマシタ キズツク ノ ガ イヤ デシタ" ヤTト キズイタ ボク ダケ ノ オシロ ハ アマリニ クウキョ デ ミチテイマシタ アル ヒ アラワレタ アナタ ハ ボク ガ ノゾム スベテ ヲ モTテタ ボク ガ ツミアゲタ レンガ ヲ タヤスク トビコエ サワTテ キヅイタ "カナシイ クライ ツメタイネ ズTト サビシカTタン ダ ネ" オビエテ ハナレテ カザTテ ハカTテ アサTテ ミダレTテ ケナシTテ ニゲダシタ! ヒト ガ ツムギ アゲタ カケラ タチ ガ オリカサナル ノ ヲ ウラヤンデイタ コドク ニ ツクリアゲタ ボク ノ シロ ドア ヲ トザシタ ボク ノ プライド "カクシゴト ヲ シテマシタ ウシナウ ノ ガ イヤ デシタ" ヤTト アラワレタ オシロ ノ ジュウニン ハジメテ ノ アイ ニ トマドイマシタ "ドウジョウ ナンカ ハ ヨシテ ヨ オマエ ニ ワカTテ タマル カ ヨ" ニギTテ カジTテ コボシTテ アバレTテ ソレデモ アナタ ハ ヒロTテ ツカンデタ! イキカウ グンシュウ ノ アイ ヲ ミツメ イチバン タイセツ ヲ サケ ツズケタ コドク ニ ナレシタシンダ コノ ミ ガ ヒダマリ デ トケル ノ ヲ ユルサナイ "カクシゴト ヲ シテマシタ ソレ ガ アイ ト シTテイマシタ" ソTト キエテ イTタ シロ ノ ジュウニン オソレタ カンジョウ ガ コミアゲマシタ "カクシゴト ヲ シテマシタ トワ ノ アイ ヲ ノゾミ マシタ" アタエラレタ ノ ハ エイエン ダケ ハジメテ ヒト ノ タメ ニ ホエマシタ "トビラ ヲ ヒライTテ スガTテ ニギTテ ワラTテ ツミデ アイセバ ヨカTタ ナア 。 。 。" アタエラレタ ヌクモリ ノ カゲ ガ ボク ノ コドク ノ シロ ヲ ユルサナイ ジブン デ カセ ヲ ハメタ コノ カラダ トワ ニ ボク ノ オワリ ヲ ユルサナイ イキカウ グンシュウ ニ アイ ヲ マイテ トワ ニ ナミダ ヲ ツムギ ツズケテ マタ アナタ ニ アエル ソノ ヒ マデ ナン ゼンネン サキ モ マチ ツズケル人 が つむぎ あげた 欠けら ~達 を まど の外 殻 ながめ つずけた ドア を 作る 事 も できなかTた それ は 幼い 僕 の ぷらいど "かくしごと を して ました 傷つく の が 嫌 でした" やっと きずいた 僕 だけ の おしろ は あまりに くうきょ で みちてい ました ある ひ あらわれた 貴方 は 僕 が 望む 全て を もTてた 僕 が つみあげた 煉瓦 を たやすく とびこえ さわTて きづいた "かなしい くらい つめたいね ずっと さびしかTたん だ ね" おびえて はなれて かざTて はかTて 明後日 みだれTて けなしTて にげだした! 人 が つむぎ あげた 欠けら ~達 が おりかさなる の を うらやんでいた 孤独 に つくりあげた 僕 の しろ ドア を とざした 僕 の ぷらいど "かくしごと を して ました 失う の が 嫌 でした" やっと あらわれた おしろ の 十人 初めて の あい に とまどい ました "どうじょう 何課  は よして よ お前 に わかTて たまる か よ" にぎTて かじTて こぼしTて あばれTて それでも 貴方 は ひろTて つかんでた! いきかう 群衆 の あい を みつめ 一番 大切 を 酒 つずけた 孤独 に なれしたしんだ 此の み が ひだまり で とける の を ゆるさない "かくしごと を して ました それ が あい と しTていました" そTと きえて いTた しろ の 十人 恐れた お勘定 が こみあげ ました "かくしごと を して ました とわ の あい を 望み ました" あたえられた の は 永遠 だけ 初めて 人 の ため に ほえ ました "とびら を ひらいTて すがTて にぎTて わらTて つみで あいせば よかTた なあ 。 。 。" あたえられた 温もり の 影 が 僕 の 孤独 の しろ を ゆるさない 自分で かせ を はめた 此の 体 とわ に 僕 の おわり を ゆるさない いきかう 群衆 に あい を まいて とわ に 涙 を つむぎ つずけて 又 貴方 に あえる その ひ 迄 何 ぜんねん 先 も 町 続ける

RomajiEditar

Hito ga tsumugi ageta kakera tachi wo Mado no soto kara nagame tsuzuketa Doa wo tsukuru koto mo dekinakatta Sore wa osanai boku no puraido

"Kakushigoto wo shitemashita kizutsuku no ga iya deshita" Yatto kizuita boku dake no oshiro wa amarini kuukyo de michiteimashita

Aru hi arawareta anata wa boku ga nozomu subete wo motteta Boku ga tsumiageta renga wo tayasuku tobikoe sawatte kiduita

"Kanashii kurai tsumetaine zutto sabishikattan da ne" Obiete hanarete kazatte hakatte Asatte midarette kenashitte nigedashita!

Hito ga tsumugi ageta kakera tachi ga orikasanaru no wo urayandeita Kodoku ni tsukuriageta boku no shiro Doa wo tozashita boku no puraido

"Kakushigoto wo shitemashita ushinau no ga iya deshita" Yatto arawareta oshiro no juunin Hajimete no ai ni tomadoimashita

"Doujou nanka wa yoshite yo omae ni wakatte tamaru ka yo" Nigitte kajitte koboshitte abarette Soredemo anata wa hirotte tsukandeta!

Ikikau gunshuu no ai wo mitsume ichiban taisetsu wo sake tsuzuketa Kodoku ni nareshitashinda kono mi ga Hidamari de tokeru no wo yurusanai

"Kakushigoto wo shitemashita sore ga ai to shitteimashita" Sotto kiete itta shiro no juunin Osoreta kanjou ga komiagemashita

"Kakushigoto wo shitemashita towa no ai wo nozomi mashita"

Ataerareta no wa eien dake

Hajimete hito no tame ni hoemashita

"Tobira wo hiraitte Sugatte nigitte waratte tsumide Aiseba yokatta naa..."

Ataerareta nukumori no kage ga Boku no kodoku no shiro wo yurusanai Jibun de kase wo hameta kono karada Towa ni boku no owari wo yurusanai

Ikikau gunshuu ni ai wo maite Towa ni namida wo tsumugi tsuzukete Mata anata ni aeru sono hi made

Nan zennen saki mo machi tsuzukeru

InglésEditar

I kept gazing from the outside the window at the fragments spun by people I couldn't make a door for myself It was all because of my pride

I was keeping a secret, I hated being hurt

Finally the castle that I built all for myself, was filled with an emptiness so deep that I couldn't drown

One day you appeared, you were everything I longed for

You jumped over the bricks, then touched me and noticed me

It's so cold, it's so sad, You've been alone all this time

I was scared I left, embellished, measured, got upset and mad at you I envied the piling up of fragments spun by people who made no sense

I built my castle in solitude And my pride locked it's doors

I was keeping a secret, I really hated loss At last the castle's first dweller had appeared And I was perplexed at this first love

Stop pitying me, there's no way you could understand me

I grasped, grumbled, raged and gnawed and yet you still picked me

I kept protecting what's most important to me, gazing at the crowds of love that came and went This body had grown so used to loneliness, it won't let me melt in the light of your love

I was keeping a secret, I know that was love

The castle dweller was slowly fading away and I was overcome with these feeling of fear

I was keeping a secret

I longed for eternal love

What I got was only eternity

For the first time, I cried for another person Open the door, laugh, smile, hug, kiss I should have loved you...

The shadow of warmth that I recieved won't forgive my lonely heart My castle and this eternal body won't allow my end

Scattering love in the crowds that come and go, I keep spinning my tears forevermore Until the day that I can meet you again

I will keep waiting in the thousand years to come

EspañolEditar

Seguí mirando desde el exterior de la ventana en los fragmentos tejida por la gente No podía hacer una puerta para mí Todo fue debido a mi orgullo

Yo estaba guardando un secreto, Odiaba ser herido

Por último, el castillo que he construido todo por mí mismo, estaba lleno de un vacío tan profundo que no podía ahogarse

Un día apareció, usted era todo lo que deseaba

Usted saltó a través de los ladrillos, Luego me tocó y me cuenta

Hace mucho frío, es tan triste, Usted ha estado sola todo este tiempo

Tenía miedo de irme, embellecido, mide, se enfadó y enojada contigo Envidiaba a los fragmentos se acumulan de tejida por personas que no tenían sentido

He construido mi castillo en soledad Y mi orgullo bloqueado sus puertas

Yo estaba guardando un secreto, Realmente odiaba la pérdida Finalmente primera habitante del castillo había aparecido Y me quedé perplejo en este primer amor

Deja de lástima, no hay manera de que pudieras entender

Agarré, murmuré, enfurecí y roído y sin embargo, todavía me recogiste

Seguí proteger lo que es más importante para mí, mirando a las multitudes de amor que vino y se fue Este cuerpo se había acostumbrado tanto a la soledad, no va a dejar que me derrita en la luz de tu amor

Yo estaba guardando un secreto, Sé que era el amor

El habitante del castillo fue desapareciendo poco a poco y se apoderó de mí estos sentimientos de miedo

Yo estaba manteniendo en secreto

Echaba de amor eterno

Lo que me dieron fue sólo la eternidad

Por primera vez, lloré por otra persona Abre la puerta, risa, sonrisa, abrazo, beso Me he amado ...

La sombra del calor que me dieron no va a perdonar a mi corazón solitario Mi castillo y este cuerpo eterno no permitirá que mi fin

Dispersión de amor en las multitudes que van y vienen, Sigo girando mis lágrimas para siempre Hasta el día en que yo pueda verte de nuevo

Voy a seguir esperando en los mil años por venir.

¡Interferencia de bloqueo de anuncios detectada!


Wikia es un sitio libre de uso que hace dinero de la publicidad. Contamos con una experiencia modificada para los visitantes que utilizan el bloqueo de anuncios

Wikia no es accesible si se han hecho aún más modificaciones. Si se quita el bloqueador de anuncios personalizado, la página cargará como se esperaba.