FANDOM


The Childish Girl and the Grown-Up World
T
Nombre The Childish Girl and the Grown-Up World
Artista Megpoid Gumi
ilustraciones Syuri22
Letra CosMo-P y GAiA
Música CosMo-P
Tiempo de duración 8:00
Video
Lyrics y Traducido al inglés por AmeSubs
CosMo feat

CosMo feat. Gumi - The Childish Girl and the Grown-Up World (童心少女と大人世界)

The Childish Girl and the Grow up World. (童心少女と大人世界 Doushin Shoujo to Otona Seikai La chica Infantil y el Mundo de los Adultos) es una canción original de vocaloid.

TramaEditar

Lambda (Megurine Luka) y Rho (Rin Kagamine) cuentan la historia de una chica que ya es adulta, que odia la vida que tiene como adulta. Un día llega como un espíritu de ella pero como era de niña, y le muestra un tipo agujero en el que le concede un deseo, la chica pide el deseo de volver a ser una niña y entonces lo vuelve a ser. Cansada de los mismos juegos ella le pide a una estrella fugaz un nuevo juego, y la estrella le concede el deseo y abre otro agujero del cual cae basura y arman una guarida o un fuerte de la basura. Luego la niña recuerda su anterior vida como adulta y la chica despierta, ella se ilucionó tanto con eso que creyó que el agujero estaba frente a ella pero cuando se tiró resulto ser un desagüe que estaban reparando.

Letra Editar

ρ「その街は 言い続けた 『不幸ヲ サヨナラ』」

λ「それが正しいかどうか 自身すらわかっていなかったけれど」

目標(ゆめ)を持ち 適えることを 推奨された コドモの頃は オトナになれば キラリ輝く 未来がくると信じてたけど

現実は 耐え難いほどの理不尽を 押し付けられて いつしか それが オトナなのだと 呪文のように 自分に言い聞かせる

確かに できることも少しずつ増えたし 欲しいモノも大体 手に入るようになった

でも ワタシが本当に望んだモノのカタチは こんなものだったっけ

ああ 大嫌い 成長するたび 楽しいことどんどん減ってく このセカイは 終わることの無い罰ゲームのよう ああ くだらない あれも これも ダメと縛りつけて ネガティブな方へと均等にする足の引っ張り合い


摺り切れた心に ささやくノスタルジィ せめて 夢の中だけでも ずっと子供でいられたらいいのにね

――― 貴女ノ 貴方タチノ ソノ 不幸ニ サヨナラ ―――


λ「街は 少女たちから 不幸な記憶を取り去りました」 ρ「絶望と哀しみが 彼女自身を壊してしまわぬように」

λ「こうして彼女は オトナの世界を 忘れ」 ρ「精神(たましい)は 街の光に導かれるまま」 λ「『現実(ち)』に穿たれた 深い"アナ"を通り抜けた先」 ρ「子供だけの『共有夢(セカイ)』にて 新たな器を手に入れました」 


<<秩序レベル0.0…>>

め さます そこにわ なにも なくて わたしたち とりあえず かけっこ した

<<秩序レベル1>> しばらく して かけっこも おにごっこも あきて きた ので お☆ さま に とりあえず おねがいごと を した よ

「あたらしい "あそび" を わたしたちに ください」

<<秩序レベル2>> よくじつ から おそらに ぽっかり おうきな "アナ" が あきました そこから ふる "ガラクタ" に わたしたちわ むちゅー になりました


<<秩序レベル10>> "ガラクタ" たち ゆーこーかつよー ヒミツキチを 作ります わたしたちの たからもの みんな えがおになりますように 

<<秩序レベル11>> もっともっと みんなと 楽しくすごせる 場所が ほしいと たくさん の ざいりょう で ヒミツキチ を ひろげていきました


<<秩序レベル20>> いつの間にか ヒミツキチは ちょっとした まちになっていました ワタシたちは よろこび たたえあい "らくえん とし" と 名づけました


λ「都市はみるみる発展と拡大を繰り返し」 ρ&λ「それにつれて」 ρ「"アナ"から降るガラクタは刺激的なモノになって行きました」


<<秩序レベル30>> 抑えられない好奇心 手に負えないモノで遊びました ピストル 電車 砲台 ロケット ちょっと危険な香り

うっかりさんな不注意で 誰かが少し死にました

ワタシたちは ひどく 悲しみ そして おののきました "死(しっぱい)" は ワタシたちに 教訓を残しました


<<秩序レベル40>> "ガラクタ"たちに 混じっていた "本" で "知恵"を つけました 彼らの "死(ぎせい)" 無駄にしないために ワタシたちは がんばります


<<秩序レベル50>> このままではいけないと やってはダメなこと決めました 約束をやぶったヒトには こわ~い罰を与えます 


<<秩序レベル60>> ちょっとギスギスしてきたので 遊ぶヒトを限り 役割を与え 時間も場所も 役割に応じて制限です 仲間割れなんてもってのほか


「いやだ!もっと遊びたい!」 「遊びの時間は終わりだ さ、交代だ」

「私はこんなことがやりたいわけじゃないのに…」

「どうして好きなことだけをやってちゃいけないの?」 「苦しいことに耐えるのは 市民の義務だよ」

「どうして自由に遊んじゃダメなんだよ!」 「ルールを守らないなら、遊びは禁止!!」

「もう、こんなのいやだよぉ!」


<<秩序レベル96>> ガチリとした秩序ができあがりました 確かに この街は とても平和(?)になったけど 遊んでいたはずの ワタシたちはちっとも楽しくなくなりました

<<秩序レベル99>> ここのところ 何をやってもつまらないよ こんな感覚 昔どこかで経験したような…… "アナ"を よくよく 覗いてみると "元"居たセカイと 繋がっていた

そこで ワタシは すべて "思い出す"

それは "今" の この楽園都市(ばしょ) と とても よく似て つまらなそうで オトナたちは 望んで つまらない セカイ 築いたわけじゃ なかったんだ


ああ 思い出す 成長するたび 楽しいことどんどん減ってく このセカイは 終わることの無い罰ゲームのよう ああ 思い出す あれも これも ダメと縛りつけて ネガティブな方へと均等にする足の引っ張り合い

ああ 恋しいよ たとえそれが 夢 幻 だったとしても 今更 諦めきれない ガラクタの楽園 ああ 無気力なオトナたちとワタシは違う 今度こそは みんなが幸せになれる世界を創るんだ

ρ&λ「虚ろな声ポツリ つぶやいた彼女は 楽園都市を目指して 深い深い穴に 飛びこみました<<↓Manhole↓>>」

rho「sono machi wa ii tsuzuketa『fukou wo sayonara』」

lambda「sore ga tadashi ika douka jishin sura wakatte ina katta keredo」

yume wo machi kanaeru koto wo suishou sareta kodomo no goro wa otona ni nareba kirari kagayaku mirai ga kuru to shinjiteta kedo

genjitsu wa tae gatai hodo no rifujin wo oshitsuke rarete itsu shika sore ga otona nano dato jumon no youni jibun ni ii kika seru

tashikani dekiru koto mo sukoshi zutsu fue tashi hoshii mono mo daitai teni hairu youni natta

demo watashi ga hontou ni nozonda mono no katachi wa konna mono dattakke

aa daikirai seichou suru tabi tanoshii koto dondon hetteku kono sekai wa owaru koto no nai batsu geemu no you aa kudaranai are mo kore mo dame to shibari tsukete negatibu na hou heto kintou nisuru ashi no hippari ai

surikire ta kokoro ni sasayaku nosutarujii semete yume no naka dake demo zutto kodomo de irare tara ii noni ne

――― anata no anata tachi no sono fukou ni sayonara ―――

lambda「machi wa shoujo tachi kara fukou na kioku wo tori sari mashita」 rho「zetsubou to kanashimi ga kanojo jishin wo kowashite shimawanu youni」

lambda「koushite kanojo wa otona no sekai wo wasure」 rho「tamashii wa machi no hikari ni michi bikareru mama」 lambda「『chi』ni ugatareta fukai “ana” wo toori nuketa saki」 rho「kodomo dake no『sekai』nite arata na utsuwa wo teni ire mashita」

<<chitsujo reberu 0.0>>

me samasu soko ni wa nani mo nakute watashi tachi tori aezu kakekko shita

<<chitsujo reberu 1>>

shibaraku shite kakekko mo oni gokko mo akite kita no de o hoshii sama ni tori aezu onegai goto wo shita yo

「atarashii “asobi” wo watashi tachi ni kudasai」

<<chitsujo reberu 2>>

yoku jitsu kara osora ni pokkari oukina “ana” ga aki mashita soko kara furu “garakuta” ni watashi tachi wa muchuu ni nari mashita

<<chitsujo reberu 10>>

“garakuta” tachi yuuko katsuyo himitsu kichi wo tsukuri masu watashi tachi no takara mono minna egao ni narimasu youni

<< chitsujo reberu 11>>

motto motto minna to tanoshi kusugo seru basho ga hoshi ito takusan no zairyou de himitsu kichi wo hirogete iki mashita

<< chitsujo reberu 20>> itsuno manika himitsu kichi wa chotto shita machi ni natte ima shita watashi tachi wa yorokobi tatae ai “rakuen toshi” to nazuke mashita

lambda「toshi wa mirumiru hatten to kakudai wo kurikaeshi」 rho & lambda「sore ni tsurete」 rho「”ana” karafuru garakuta wa shigeki teki na mono ni natte iki mashita」

<<chitsujo reberu 30>> osaerare nai kouki shin te ni oenai mono de asobi mashita pisutoru densha houdai roketto chotto kiken na kaori

ukkari san na fuchuui de dareka ga sukoshi shini mashita

watashi tachi wa hidoku kanashimi soshite ononoki mashita “shippai” wa watashi tachi ni kyou kimi wo nokoshi mashita

<<chitsujo reberu 40>> “garakuta” tachi ni majitte ita “hon” de “chie” wo tsuke mashita karera no “gisei” muda ni shinai tame ni watashi tachi wa ganbari masu

<<chitsujo reberu 50>> kono mama de wa ikenai to yatte wa dame na koto kime mashita yakusoku wo yabutta hito ni wa kowa~i batsu wo atae masu

<< chitsujo reberu 60>> chotto gisu gisu shite kita no de asobu hito wo kagiri yakuwari wo atae jikan mo basho mo yakuwari ni ouji te seigen desu nakama ware nante motte no hoka

「iyada! motto asobi tai!」 「asobi no jikan wa owari da sa, koutai da 」

「watashi wa konna koto ga yaritai wake janai noni…」

「doushite suki na koto dake wo yattecha ikenai no?」 「kurushii koto ni taeru no wa shimin no gimu dayo 」

「doushite jiyuu ni ason ja dame nan dayo!」 「 ruuru wo mamoranai nara, asobi wa kinshi!!」

「 mou, konna no iya dayoo!」

<<chitsujo reberu 96>> gachiri to shita chitsujo ga deki agari mashita tashikani kono machi wa totemo heiwa(?) ni natta kedo asonde ita hazu no watashi tachi wa chittomo tanoshiku naku narimashita

<<chitsujo reberu 99>> koko no tokoro nani wo yatte mo tsumaranai yo konna kankaku mukashi dokoka de keiken shita youna…… “ana” wo yoku yoku nozoite miruto “moto” ita sekai to tsunagatte ita

soko de watashi wa subete “omoidasu”

sore wa “ima” no kono basho to totemo yoku ni te tsumarana sou de otona tachi wa nozonde tsumaranai sekai kizuita wake ja nakattanda

aa omoidasu seichou surutabi tanoshii koto dondon hetteku kono sekai ha owaru koto no nai batsu geemu no you aa omoidasu are mo kore mo dame to shibari tsukete negatibu na hou heto kintou nisuru ashi no hippari ai

aa aishii yo tatoe sore ga yume maboroshi datta toshite mo ima sara akirame kirenai garakuta no rakuen aa mukiryoku na otona tachi to watashi wa chigau kondo koso wa minna ga shiawase ni nareru sekai wo tsukurunda

ρ&λ「utsuro na koe potsuri tsubuyaita kanojo wa rakuen toshi wo mezashite fukai fukai ana ni tobi komi mashita」

CuriosidadesEditar

  • En el minuto 1:24 aparece la chica de Runaway Boy and Lost Girl (que es Gumi).
  • Una de las niñas que jugaba con la chica se parecía mucho a la chica de Runaway Boy and Lost Girl.